面影橋姉妹の日々

突然意識不明になってしまった妹と姉の日々を綴ります

記録

妹には、メモや記録をつける習慣がありました。              毎日の買い物メモ、生協の注文や日々の献立、飼い猫まるくんの飼育メモには、食べたフードの量、飲んだ水の量、おしっこの量まで!何もそこまで記録しなくてもいいと思うのですが、これは、前にフェレットを飼った経験からのようです。アラレちゃんという名前の、小柄な雌のフェレットでしたが、5歳でインスリノーマという病気になり、闘病の末に亡くなったのです。体重は1キロに満たず、投薬管理のためには、細かいメモが必要でした。亡くなったのは1月9日でしたが、その日のメモは、年が明けて買い替えたばかりのノートに、もうこのノートに書くことがなくなったことと、あられちゃんへの感謝の言葉が綴られていました。その後、ペットロスで繊維筋痛症になりながらも、懸命に治療して、数年後に迎えたのが黒猫のまるくんです。まるくんを自宅に連れて帰った日のノートには、まだ小さかったまるくんが、物怖じせず馴染んでいく様子が、愛おしさと喜びに溢れた言葉で書かれていました。まるくんは、今年7歳。あと10年分くらいはノートが続いてほしかった・・・

片付けていると、買い物メモやレシートも出てきました。買い物メモはいつのものなのか、私の名前とビールと書いてあります。私が来ると、いつも私の好きな銘柄のビールを冷やしておいてくれました。ゆきはいつも麦焼酎。この日は、たぶん、やってきた私とふたりで遅くまで飲んだのでしょう。

12月1日のスーパーのレシートもありました。倒れる前日のものです。最後の買い物。暑い日も、寒い日も、痛む体で買い物に行ってくれたよね。ありがとう。レシートをたたんで、バッグにしまいました。ここにも、妹が一生懸命生きた証がありました。